支部長 石塚義将プロ

石塚義将の米ツアー奮闘記はこちらから!

石塚義将インスタ更新中!





石塚義将 
1994年1月2日生
PGAトーナメント

プレーヤー
NPO法人日本障害者

ゴルフ協会
名古屋・中部支部 支部長

2020年度より協会所属プロとして活動を開始。3月から米下部ツアー(Korn Ferry Tour)に挑戦。





障害者ゴルフとの出会いは18歳の頃でした。
当時アメリカ留学から帰国しスリーレイクスカントリークラブ(三重県)にてアルバイトをしていた際、第18回日本障害者オープンゴルフ選手権の練習ラウンドの組にキャディとして帯同し海外からの招待選手も参加する大会で通訳のボランティアをさせて頂く事になったのが始まりでした。



その後2015年9月、登別カントリークラブにて開催されたプロテストに合格しプロゴルファーとして活動を開始し、2016年にNPO法人日本障害者ゴルフ協会 名古屋・中部支部を設立し支部長として協力させていただいております。



2020年は東京パラリンピックを控え障害者スポーツ業界にとっては大きな発展の年になると思います。最近では障害者スポーツが多くの人から注目を集める時代となってきました。
今後は多くの障害者プロゴルファーが誕生する日も遠くはないと考えています。
ゴルフを全力で頑張りたいという障害者の方達を全力でサポートできる環境を作れるようプロゴルファーとしても支部長としても全力で精進して行きたいと思います!

NPO法人日本障害者ゴルフ協会
名古屋・中部支部 支部長
石塚 義将